アルファードのポジションランプ交換しました。

「アルファードのポジションランプ交換しました。 」の有益情報をお届け!

アルファードの黒、だから黒アル

アルファード、ALPHARD

アルファードのポジションランプ交換しました。



アルファードの黒だから黒アルなのですが、

アルファードのDIYに関してポジションランプを交換してみました。

アルファード DIYにDIYの関連する記事を掲載していますので気になる方は、見て下さい。

アルファードのポジションランプは、交換することは、簡単です。

作業時間は、10分。

交換によるアルファードのドレスアップ度は、クールです。


まずは、ポジションランプの種類です。

サイズは、W数で決まりますね。

アルファードのポジションランプは、12V5wのランプです。

アルファードのポジションランプ12V5w

で、以前は、RAYBRIG レイブリック スタンレーハイバーバルブ 12V5W プラチナホワイトR130 使っていましたが、今回の黒アルには、違うやつをつけました。


アルファードのポジションランプ交換

1 ボンネットを開ける。
簡単ですが、まず第一歩。

2 バルブ位置の確認。
左右のヘッドライトの上部に位置するアルファードのポジションランプ一番簡単な場所にあります。
回す方向は、半時計周り(多分)ですぐに取れますね。

3 ポジションランプ交換
ポジションランプは、各色あります。
通常よりも明るい(正確には、白色に近くなる)タイプや、青色に輝くタイプやいろんな色で光るタイプなどありますが、自分は、車検対応の純白色のRAYBRIG レイブリック スタンレーハイバーバルブ 12V5W プラチナホワイトR130 です。

4元に戻す。以上です。

超簡単、DIYです。




posted by 黒アル at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルファード DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。