前期型とマイナー後の違い

「前期型とマイナー後の違い」の有益情報をお届け!

アルファードの黒、だから黒アル

アルファード、ALPHARD

紺木目と黄木目

アルファードの内装を演出する木目調パネル部分を増やすことで内装のゴージャス感というか高級感を味わうことができます。


プライムエディションは、初期型は紺木目調のパネルが付いています。
後期型は、黄木目調です。
助手席側のエアコンパネルは付いていませんが、後期型のアルファードには、付いています。



内装は、いつも目に付くところで自分も木目調の場所を増やす予定です。


自分の好みを主張できます。
1ヶ所だけでも木目調パネルを増やすことで、あなただけのオリジナルアルファードになりますね!


一ヶ所オリジナルにするとますますカスタムしたくなるのは、当然のことです。


そんなときに、金銭的や、バランス的に良いのが、複数パネルのセット販売です^^


黒アル厳選木目調パネル
アルファード(前期)
インテリアパネル11点セット
カラー:紺木目
です。^^
アルファード(後期)
インテリアパネル11点セット
カラー:黄木目



気になった点は、超同色という言葉。


で、11点セット。単品での価格が、58、800円のところ30、000円!










アルファード前期型と黒アルの違い3

黒アルは、マイナーチェンジのアルファードです。(何度もすいません。)

新型 アルファードは、2008年5月発売です。


アルファードの初期型とマイナーの違い、さらには、新型までお伝えできるといいなあと思います。


現行アルファードは、ライト周辺を変更していますね。
ディスチャージヘッドライト装着のモデルもあります。


アルファードの初期型(2.4です。)ではなかったヘッドランプが進行方向に少しだけ移動する装置が黒アルにはついています。
インテリジェントAFSという機能です。



ライト周辺は、個人的に少しばかり手を加えようと思います。
まずは、バルブ交換ぐらいからですね。



アルファード前期型と黒アルの違い。


黒アルとは、もちろん現行のアルファードです。^^


新型アルファードとは違います。


初期型とマイナーの違い、変更点を少しばかりというかいっぱいあります。(笑)


初期型アルファードは、2.4LのASプライムセレクションというタイプでした。


紺木目の内装で渋く仕上げてありました。


サイドターンランプつきのドアミラーぐらいの軽い変更点でした。


新型アルファードでは、全車標準装備です。(3万円UP^^)



黒アルは、2.4LのASプライムセレクションです。実車を見て購入したわけでなかったので多少の不安はありましたが、見慣れると「ま、いいか」でした。


サイドターンランプつきのドアミラーは、なしです。
理由は、あらゆる車種に装備されてきたからです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。